検索
カレンダー
2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログメニュー
Amazon検索
キーワード:

シェルスクリプトで異常が発生した場合に処理を中止する

2007年8月16日

シェルスクリプトを作っていて、一連の処理の途中でエラーが発生したら、それ以後の処理の実行を中止したいことがあります。

そんなときは、シェルスクリプトの最初に「set -e」と記述します。そうすれば、それ以後に実行したコマンドの終了ステータスが0以外になった場合、その時点で処理を中止します。

動作確認のために、次のようなシェルスクリプトを実行してみました。

シェルスクリプト(test.sh)

#!/bin/sh

set -e

echo "start"
./test2.sh
echo "end"

シェルスクリプト(test2.sh)

#!/bin/sh

echo "test2"
exit 1

この実行結果は次のようになりました。

$ ./test.sh
start
test2
$

test2.shの「exit 1」を「exit 0」にすると、「end」まで表示されます。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

TrackBack URL : http://www.meibinlab.jp/nishijima/archives/86/trackback

コメントする