検索
カレンダー
2017年2月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ブログメニュー
Amazon検索
キーワード:

bootstrap3 + IE8 でハマった

2014年4月2日

bootstrap3 を IE8 で使うといくつかハマる箇所があるのでメモ。

respond.js が動かない
これはCDSを使わずにローカルから読み込むと動くようになります。
原因は知らないですが。

breadcrumb の要素に日本語を記述すると要素が重なる
breadcrumb の要素に日本語を記述したときだけ要素が重なるという謎現象が発生します。
これは以下のCSSを適用すれば修正されます。

breadcrumb li {
  white-space: nowrap;
}

時間がないのでこのへんで。

Java から Microsoft Access ファイル(mdb)を使う場合の注意点

2013年1月19日

最近JavaでAccessのmdbファイルを使うことがあったのですが、久しぶりに使って手間取ったのでメモ。

もちろんJDBC-ODBCブリッジを使いますが、昔やったときはDSNを使いました。
「ODBC データソース アドミニストレータ」を開いて、ファイルを設定して…っていうのが面倒くさいんで、今回はパス。
というか、実行時にユーザにmdbファイルのパスを決定させたかったのです。

で、色々調べた結果、JDBCの接続URLを以下のようにすればDSNを使わずに接続できることがわかりました。

jdbc:odbc:DRIVER=Microsoft Access Driver (*.mdb, *.accdb);DBQ=mdb/accdb ファイルのパス

JDBCドライバのクラス名は「sun.jdbc.odbc.JdbcOdbcDriver」です。

MS Access をインストールしていない場合は、Microsoft Access データベース エンジン 2010 再頒布可能コンポーネントが必要になりますのでご注意を。

あぁ、それから、なんか知らないですが、JDK8からはJDBC-ODBCブリッジが含まれなくなる(?)みたいですね。

参考:
Access 2010 を使用したデータ プログラミング

(2015/04/15 追記)
やはりJava8からJDBC-ODBCブリッジが含まれなくなりました。
今後は UCanAccess というライブラリ使えば、JDBC-ODBCブリッジと同等の事が出来そうです。

AVDが起動できないときの対処

2012年7月8日

Andriod Virtual Device Manager で仮想デバイスを起動させようとした時、
下のようなエラーが出て起動できませんでした。

PANIC: Could not open:

対処法をググると、どうやらユーザ名にマルチバイトや空白が入っているとだめみたいです。
デフォルトではユーザディレクトリ以下の.androidディレクトリがデータディレクトリとされるようですね。

対処法として「ユーザ名を変える」みたいなことが書かれていましたが、
これは色々問題がありますしスマートじゃないのでパス。

別の方法を探してみると、どうやら環境変数「ANDROID_SDK_HOME」 でデータディレクトリを指定できるみたいです。
例えば、環境変数「ANDROID_SDK_HOME」 の値を「c:\data」にすると、
AVDのファイルは「c:\data\.android\avd」に作成されます。

この方法で無事起動できました。めでたしめでたし。