検索
カレンダー
2008年5月
« 4月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログメニュー
Amazon検索
キーワード:

「WMS Idle」シャットダウンエラーに悩まされている方へ

2008年5月8日

ゴールデンウィーク中は新しいPC(WindowsXP x64 edition)で、ずっとワード(MS Office 2007)を触っていました。

その中で、原因不明の動作のもたつきやメモリリーク、OSシャットダウン時のエラーなどに悩まされていました。

OSを入れなおしても現象は解決しませんでした。
今日、やっと解決したので、同じ悩みを持っている方のためにメモを残しておきます。
まず、シャットダウン時のエラーについて原因を切り分けました。

エラーは「WMS Idle」というプロセスが停止できないというものです。

インターネットで調べると、昔はバグの可能性があったのですが修正されているとの事で、インストールされているアプリケーションとの相性を疑いました。

(エラーが発生しているもの自体は、MS Officeのプロセスです)
他のアプリケーションとの相性を切り分けるに以下のようにしました。
まず、スタートメニューで「ファイル名を指定して実行」で「msconfig」と入力します。

そうすると「システム構成ユーティリティ」が表示されますので、その「スタートアップ」タブにあるチェックを外すことによって起動時に起動するプロセスを抑制することができます。

チェックを外すとエラーが発生しなくなった場合、そのプロセスが悪さをしていることになります。
僕の場合は「NMBgMonitor.exe」というところのチェックを外すとエラーが出なくなりました。

…何回も再起動する必要がありましたので、骨が折れました(汗)

このプロセスはNeroというライティングソフトに関係あるようです。

ソフトをアンインストールするとシャットダウン時のエラーはおろか、原因不明の動作のもたつきも解消しました!

メモリリークは未確認ですが、解決していたらいいなぁ…。
# 「Googleデスクトップ」や「MSデスクトップ」も同じような現象を起こすことがあるようです。